推理小説 松岡圭祐『万能鑑定士Qの事件簿』(ⅠとⅡ)

『万能鑑定士Qの事件簿』(Ⅰ)を読みだしたらこちらも面白く、終わる前には続編をまとめて購入していました。
事件簿Ⅰ/Ⅱがセット(1つの事件”力士シール篇”)になっていて、ほぼ一気に読めました。

まだ2冊しか読んでいませんが主人公、既読の『探偵の探偵』の主人公と能力・行動軌跡が重なって見えます。まるで探偵の様な...、同一人物であっても良いような気がします。『探偵の~』のように暗い過去が無いだけ、物語が気楽に楽しめます。
主人公(つまりは作者)の知識とストーリー、読み終えてその順番が気になりました。ストーリーのイメージが浮かんでから使えそうな知識・技の詳細を集めるのか、またはその逆で知識を得た上でパズルのようにそれらのピースを繋ぐストーリーが作れてしまう(浮かんでくる)のか...。

『千里眼』の方は、続編を読んでいかないとまだ分かりませんが、すくなくとも『万能鑑定士Q~』は大倉崇裕の作品『福家警部補~』や『小鳥を~』と同様に楽しめる推理小説のようです。シリーズはまだ何冊もあるので先が楽しみです。

問題は読みだしてしまうと先が気になって一気読みのようになってしまい、読み終わるまで他のことが手につかなくなってしまうことです(休み休み読むのが難しいです)。