アンプの製作について(素子、必要な性能など)

最近家の雑事に追われ、趣味の時間が殆ど取れなくなりました。カメラもずっと使っておらずバッテリーが空で電源も入らなくなってました。充電をしてはみましたが、次に使うより前に再充電をすることになりそうです。 アンプ作りではプッシュプルアンプ(ユニバーサルタイプ)が実験中でまだ完成していませんが、現状では水平偏向管のシングルアンプで十分な性能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジューサー/ミキサー/フードプロセッサー、リンゴすりおろし

毎年秋から冬にかけてリンゴが美味しい季節でミカンとともに味わっていますが、リンゴをすりおろし(ジュースでも)にして頂こうかと思い調べてみました。 ジューサーは高速と低速型があって其々一長一短もあるようですが基本的に機器がお高そうで、実家に使われなくなった小型(400cc)のミキサーがあったで、まずはそれで試してみました。 いわゆ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニバーサルシングルアンプ(25E5)

最近、家で落ち着いて音楽を聴く時間が殆ど取れなくなり、アンプの稼働時間はすっかり少なくなってしまいました。しかし今年も残り僅かになり、昨年同様に25E5を動かして区切りをつける事にしました。 25E5はデータシート上ではPp=10Wと怪しげ?な定格ですが、いつも通り無視(自己責任)して、動作点の探索も面倒なので12BB14の試験デ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピーカー SS-CM35(ミニコンポCMT-M35WM付属)の音

ひょんなことから知人が所有しているCMT-M35WMを処分するというので、譲り受けて使う機会を得ました。 早速スピーカーSS-CM35の音を聴いてみました。単一周波数で聞いた限りでは、音が小さいながらも50Hz以下まで出せるようです。以前に処分したD-D1E(同じ10cmウーファー)よりは大分マシです。 それでモーツァルト「弦楽五重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニバーサルシングルアンプ(18GB5/17CB24)

気候が暖かく(熱く)なってきたので中型球に替えようかとICアンプにつなぎ替えてから、いろいろあって音楽から暫く遠ざかっていました。 ひとつには、日頃TVを見た後はNHK総合に切り替えて消す習慣にしてるのでTVを点けると先ずNHKの放送が映るのですが、たまたまオクニョ(韓国歴史ドラマ)を放送していて、これが中々に面白く、それからは朝から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポータブルオーディオプレーヤー AGPTEK U3

トランセンドMP350を3年前に購入して、長距離電車とか山小屋泊などでかなり使用してきましたが最近内臓電池がへたってきた感じで、プレーヤーを買い替えました。もちろんM350はまだまだ使えるので、使える範囲では使いますが。 リチウム電池内臓タイプはそれが劣化したら終わり、懸念してた通りです。MP3が使われ出した頃はアイ・オー・データ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

環境問題(タバコ、原発)について(雑感)

受動喫煙被害の扱い、何時になったらしっかり保護されるのでしょう。 議員さんのヤジのニュースを見ました。何故こんな見識の無い方が国会議員になれるのか不思議です。NHKはデータが得意ですから、こんなニュースでは議員さんの選挙区をちゃんと報道してくれてるのでしょうか。 喫煙自由の権利を主張されてる向きもあるようですが、それなら受動喫煙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マミヤ M645super、パナソニック DC-TZ90

以前に書いた大判カメラの記事(タチハラ写真機製作所の廃業はその時に知ったのですが)を見返していて、マミヤ(マミヤ光機)はどうなっているかと調べたら、私がセミ版(M645スーパー)を購入した時には既に会社更生法適用の状態になっていたことが分かりました。 大判カメラ用のポラロイド(フォトラマ)も、その記事を書いた後に生産終了となっていたよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相撲の女性差別、など(雑感)

相撲(土俵)の女性排除のニュースが最近多いようですが、今時何故こんなクダラナイ差別が改善(解消)されないのか不思議で仕方ありません。 相撲なんとか審議会?って何の役にも立たないんですね(ボンクラ集団?誰の人選でしょうか?)。 昔は女性は卑しいという無知な風習から出たルールなんでしょう。宗教的なことでも女人禁制の何々とかあったよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津波の観測と災害での報道(雑感)

4/8のNHKサイエンスZEROを見ました。 飛行機からレーザースキャンで地表(樹木を除いた)の高低差を正確に調べて、森に埋もれた山城(砦の様な)を探すという話題です。 古代の歴史へのロマンスを掻き立てるお話ですが、そんな事(失礼!)よりもっと大事なことにその技術を使えないでしょうか。 近い将来また確実に襲ってくるであろう津波の観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸物(食器 & 小物入れ)

大分前に旅行に行った時の写真、急に知人に差し上げる事になって焼き増ししたのですが、バラで渡すのも何なので廉価なアルバムを探しに近所のダイエーに...。 殆ど入店しないのですが大きなカメラ店が近所にないので、アルバム位あるかなと思ったのですが欲しいものは見つかりませんでした(結局これまた近所のダイソーで調達しました)。 アルバム売り場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

15KY8Aシングルアンプの再調整

目標値を厳しく設定したので、15KY8Aシングルアンプを少しでも改善すべく再調整してみました。 ただ回路を簡単にしてバイアスが-13.9V固定となってるので、調整自由度が狭いです。実験機で試験してみたらUL50では出力が3Wに届かないのでUL40としました。 UL比の抵抗を変更(51K⇒68K)、NFを少し下げました(RNF1.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中華スープの素(ハオハオ、味覇、など)

自分で中華味の調理をするとき、調味料として随分前から中華調味「ハオハオ」(やま磯)を使っていました。お湯に溶かすとプロが作ったような醤油ラーメンスープのようになり、基本の味付けは炒め物であれスープ系(煮込みなど)であれ全てハオハオだけで済んでしまいます。 最初はディスカウントスーパーで見つけて使うようになったのですが、いつしかお店では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニバーサルシングルアンプ(6DQ5/6JS6)再三の調整

深夜に音楽を聴き終わって暫くしたら微かにブーッというハム音が断続的に聞こえて、チェックしたら整流電圧がギリギリまで下がっていました。実験機とおなじくEp300Vは無理だったようです。 歪率を幾分優先で調整し直しました。 6JS6(L-ch) Ep=290V Esg=115V Ik=90mA Ec=-26.6V UL=7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニバーサルシングルアンプ(6DQ5/6JS6)再調整

実験機ではB電圧が290Vまでしか出せなくて、それに合わせて調整したのですが、PTを替えてもう少し高く出せるようになったので再調整しました。 6JS6(L-ch) Ep=300V Esg=118V Ik=85mA Ec=-28.2V UL=70%(SGタップ+抵抗分圧28%) RL=3.5K NF15dB、歪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニバーサルシングルアンプ(6DQ5/6JS6)

気候が暖かくなる前に、大型球を使ってみます。 6JS6、最近ジャンクで6V球を調達しましたが、1本きりの6DQ5とペア(L/R)にしました。 調整をしようとしたら、必要電圧が出せません。無信号でトータル50W位ですから70WのPT(PM-70WS)で良いかと思ったのですがパワー不足のようでした。仕方なくPTをZ-1(100W)に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シングルアンプの調整3(水平偏向管)

シングルアンプではUL70%位で動かすのが最も良さそうなので、ユニバーサル機で今後使用見込みの水平偏向出力管について調整具合と特性を一通り確認してみました。 (1)12BB14の歪率特性と周波数特性(1W) Ep=230V Esg=190V Ik=63mA Ec=-30.7V RL=3.5K UL70%(SGタップ43…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニバーサルシングルアンプ(6BQ6)

早速UL70%を採用、稼働中の12GB3を再調整しても良いのですが、こちらも試験で使ってきた6BQ6で調整してみました。 最終特性だけ掲載します。 Ep=255V Ik=54mA Esg=210V Ec=-36.8/37.8V RL=3.5KΩ UL=70%(SGタップ43%+抵抗分圧28%) ヒーターは2本直列…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シングルアンプの調整2(水平偏向管12GB7,12GB3)

現在のユニバーサル機は12GB3(3結)で音も気分(自己満足)的にも快調なので、続く球として12GB7を3結で使おうかと色々試していましたが、どうも12GB3のレベルになりません。42の時の一件もあったので別の球で試したらあっさり同等のレベルが得られました。最初に選んだ球は劣化が大分進んでいたようです。しかしUL50位では3結に比べて歪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プッシュプルアンプでの2次/3次歪打ち消し

プッシュプルの出力段と差動増幅のドライバとで、3次歪の打ち消しが働いているのを確認しました。 ある条件(6CW5ULのPP:NFなし)での歪調整が出来てから、ドライバ(差動増幅)出力とOPT2次端子の歪率の関係を測定してみました。 上段は、入力が純正弦波1KHzでのドライバと出力端子での歪率、下段は入力に高次性3次高調波0.5%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シングルアンプの動作試験(6DW5,6CW5)

6GK6に続いて6DW5と6CW5も再試験してみました。目標が高いのでPpの小さい6DW5ではギリギリです。6CW5は余裕がありますがプレート入力は定格一杯で球温度が200~210℃になっており、MT球としては夏場を考えると実機で使うには特性を若干妥協した方が安全です。 (1)6DW5 出力優先ならULで5W、3結で3W辺りまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シングルアンプの動作試験(6GK6)

アンプの目標仕様が変わってしまったので、一番出来の悪い6GK6で出せるのか試してみました。他のピンチヒッター球は元々予備球が殆ど無くて長期使用や再利用を余り考えてはいませんが、6GK6(かっての憧れ球6BQ5と同等)はアンプ作りを始めてから真空管屋さんで安く売っているのを見かけてまとめ購入(10GK6)したので、使い道を見つけてやらない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンプの所要出力について(2)

あと1日と少しで年越し。例年どおりマタイ受難曲を聴き、アレッグリのミゼレーレ、バードのアヴェ・ヴェルム・コルプス、ミサ曲へと聴いていく途中ですが、スピーカーも替えたので出力はどんなものかと自前のワットメーター(ピークインディケーター)で測ってみたら、なんと1W超えしてるではないですか(ショック!)。瞬間値で1.1W位出してるようです(ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニバーサルシングルアンプ(12GB3)

今年の最後は一番思い入れがあり、アンプ製作の夢を見ていた水平偏向管(小型の)に交代です。 前回試験の動作でも十分ですが、4年前の稚拙な実験結果では端から実機の選択肢に入れられなかった3結で動かす事にしました。同じクラスの球(6BQ6、25E5、6GB3Aなど)では同程度の特性が出せると思いますが、今までずっと実験で使ってきた12GB3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シングル用OPTの性能評価2

今回はユニバーサルシングルアンプで使う(候補の)OPTの比較試験です。 現在はOPT-11Sを載せて動かしていますが、大型球や中型球の出番のときにOPT選択の参考にする為のデータを取りました。 大型球の試験ではU-808を使いましたが1個しかありません。追加の入手はできないのでU-808相当品とされてるOPT-20Sと比較してみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プッシュプルの動作試験3

プッシュプルアンプで使いそう(使えそう)な球(MT管)を試してみました。 調整のなかで差動ドライバの動作点は固定ではダメで、歪率特性を良好にするためにEsg/Ec以上に最適調整が重要なことが分かりました。理論的(データ的)な裏付けは全くありませんが、ドライバの動作点で歪率が増減するということはドライバと出力段の歪打ち消しがあるのでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プッシュプルの動作試験2

差動ドライバの最適ポイント、グラフ(5V振幅)から大体の見当をつけて決めましたが、改めて歪率を見ながら出力振幅を5/10/20Vと変えて調べました。多少条件で最適値はずれますが概ね78~85V辺りが良さそうでした。バランスでの具合も調べましたが、たまたまなのか丁度Reが等しい辺りが最適(最低歪率)となるようです。Ec(コレクタ電圧)をそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プッシュプル実験回路の再修正

ユニバーサルシングルアンプの調子が(使い勝手も)良いので、プッシュプルアンプに取り組む意欲が低下気味です。 プッシュプル試験機のB電源をシングル機と同じにしました。OPTにはSG(UL50%)端子があり基本的にそれを使うのが一番良さそうなのでUL分圧用のVRはスペースを食うので止めにして、保険的に固定抵抗分圧(UL33%)だけを用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニバーサルシングルアンプ(6CW5)

ようやく6CW5(姉妹球の10CW5を使用)の出番まで辿り着きました。 動作点は、Ep=221V(最適値:(3.5K*14W)0.5)より少し高めとします。 Ep=240V Ik=56mA Esg=180V Ec=-16.0/-16.7V RL=3.5KΩ UL=40%(抵抗分圧) ヒーター2本直列に、12Vと9VA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニバーサルシングルアンプ(6DW5)

今までずっと2軍的な球を聴き続けてきました。12GP7は調整(+回路)ミスもあってじっくり聴けてはいませんが、いずれも気合い?を入れて調整すれば音の違い(悪さ)が出ないアンプとして使えることが良く分かりました。2軍球はEsg調整とULの自由度がないので、Epを調整できるようにしたのが効果的だったと思います。 ここからはEsg/UL…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小説 松岡圭祐『千里眼 ミドリの猿/運命の暗示』 (完全版)

『万能鑑定士Qの事件簿』シリーズ、大変面白く一気に読んでしまいました。次の事件と謎解きが気になって次々と手が出ていました。一通り読み終えて(まだ推理劇シリーズなどがありますが)一段落、『千里眼 ミドリの猿/運命の暗示』を読んでみました。第1巻より更にスケールアップして3巻目に至っては主人公とその味方がかなり負傷してるのに治療のタイミング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニバーサルシングルアンプ(10GK6)

6BQ5と6GK6、1本ずつしかありませんがL/Rペアで使えると思ったのですが、6BQ5の劣化が大きかったので10GK6(2本)を使う事にしました。 色々動作例がありそうですが、低域特性を考慮してRLは3.5Kです。 動作点は、Ep=205V(最適値:(3.5K*12W)0.5)より少し高めを起点として探索しました。 Esgは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニバーサルシングルアンプ(8B8-3結)

最初のアンプでの候補球として購入した8B8ですが専用機での出番がなさそうなのでピンチヒッターとして使うことにしました。5結(+UL)での特性がパッとしないので、3結(UL100%)で動かすことにしました。短期間なので3極管部の電極はオープンにしておきます。 データシートからEc=0Vでのrp(内部抵抗)を推定すると、Ep=Esg=…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推理小説 松岡圭祐『万能鑑定士Qの事件簿』(ⅠとⅡ)

『万能鑑定士Qの事件簿』(Ⅰ)を読みだしたらこちらも面白く、終わる前には続編をまとめて購入していました。 事件簿Ⅰ/Ⅱがセット(1つの事件”力士シール篇”)になっていて、ほぼ一気に読めました。 まだ2冊しか読んでいませんが主人公、既読の『探偵の探偵』の主人公と能力・行動軌跡が重なって見えます。まるで探偵の様な...、同一人物であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シングルアンプで中型球(12GB7,16GY5,12JF5,etc)の動作試験

大型球の軽い動作で十分過ぎる特性が得られたので、中型球(プレート損失17W)で同じ位の特性が出せるか試してみました。 プレート入力17W、RL=3.5Kで適正Ep=244V(=(17*3500)^0.5)になりますが、球差を見る為Ep=250V、Ik=68mA(EcでIkを調整)、Esg=150V(一部120V)、UL=50%で統…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推理小説 松岡圭祐『千里眼(完全版)』

面白かった(楽しめた)小説は、少したってからまた読み直して繰り返し楽しんでいます、『福家警部補~』シリーズ、や『探偵の探偵』など。TVドラマでも同様に、放送中のつまらないドラマより面白かった過去ドラマを見ます。 松岡圭祐氏の他の作品がどんなか気になって、各シリーズの最初『千里眼(完全版)』、『水鏡推理』、『万能鑑定士Qの事件簿Ⅰ』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ICアンプ(STK078)の改修(続き)

周波数特性、補正用3pを変えても無しでも殆ど変らず、入力VRを100KΩから10KΩに変更して改善しました。内部引き回しのシールド線との関係だったようです。その後方形波で見ると、オーバーシュートがあり2pが妥当な感じだったので2pに変更しました(データシート通り)。入力コンデンサも10μに変更して大分フラットになりました(1Wでの周波数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

推理小説 東野圭吾『悪意』、他

少し遠ざかっていた小説を2作、東野圭吾の『どちらかが彼女を殺した』と『悪意』、続けて読みました。どちらも新参者で有名な刑事「加賀恭一郎」が登場する推理小説(シリーズもの)です(購入してから読むまで大分経ってしまいました)。 1作目は面白かったですが、読んだ後の印象は、まあ普通の推理小説という感じで薄いです。 2作目『悪意』は、以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニバーサルシングルアンプ(30A5)

次も5球スーパー(トランスレス)で使われていた30A5です。ピン接続が35C5と同じなので続けて動かします。35C5や30A5は真空管全盛?(終焉少し前?)の頃のアンプ製作記事に採用されてるのを見た記憶はありません(今も殆どありません)。その当時から所詮ラジオ球だ、みたいに卑下されてたんでしょうか(もしや今でも?)。 最大定格Ep…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニバーサルシングルアンプ(35C5)

6AQ5は快調ですが、35C5に交代です。 この球も子供の頃使っていた5球スーパー(トランスレス)に使われていた懐かしい球です。能力的には6ZP1相当ですが、内部抵抗が小さいので大分マシです。 これの最大定格Ep=135V/Esg=117Vというハンパな値は全くいい加減な感じです。多分バイアスを決めて最大プレート/スクリーン損失…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シングルアンプで大型球(6GB8,6DQ5,6JS6,6KD6)の動作試験

6GB8、6DQ5は1本しかありません。6JS6と6KD6も6V球は1本ずつだけです。実機での出番がないので、これらの球としては軽い動作での特性を確認してみました。軽いと言ってもプレート電流が大きいので、OPTはU-808を使用しました。 (1)6GB8 Ep/Esg=240V Ik=65mA Ec=-11.3V RL=2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピーカー(SS-CM3: ミニコンポCMT-M3付属)の特性

最近購入して使っているスピーカー(SS-CM3: SONYミニコンポCMT-M3付属(中古))の特性を測ってみました。 測定系は PC(HP 1000-1401:Win10) ⇒ 試験アンプ(TDA2030自作) ⇒ スピーカー ⇒ R-09 ⇒ PC 周波数1波ずつの測定ではピーガーピーガーの音を3~4分間も聴いてないとダメなの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニバーサルシングルアンプ(6AQ5 再調整)

少し動かしてると、球の回りのシャーシがかなり暖かくなります。お安い赤外線温度計でプレートの温度を測ると、200℃にもなっていました(赤熱状態にはなっていませんが)。長期間使用は考えていませんので、構わないと言えばそれまでですが、出力1W超位あれば十分なので、発熱も考慮して再調整しました。 Ep=220V Ik=48mA Esg…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニバーサルシングルアンプ(6AQ5)

”42”のアンプ、何事もなく良い音鳴らしてくれてますが、1ヶ月経ちましたので交換することにしました。次は6MP20を使おうと調整していたら1本が不良になってしまいました(残りが1本に)。それで6AQ5の出番となりました。 ユニバーサルシングルアンプのシャーシに7ピンMTが2本だけが載っている姿は、中身が6V6相当だとしても見た目が少し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

15KY8Aシングルアンプの作り直し

音などに問題がある訳ではありません。あくまで特性上の自己満足を得る為です。趣味の世界、所詮自己満足が原動力ですから...。それにユニバーサルシングルアンプ(現在は42)をメインとして、14GW8PPアンプ、トランジスタアンプ、ICアンプ2台と予備機も充実しましたので、1台くらい動かなくなっても安心な状態になりました。 ユニバーサルシン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニバーサルシングルアンプ(3rd. 42)

6ZP1も十分に堪能できたので、もう一つの原点の球42に交代です。 中学から高校入学頃にかけて、5球スーパーでAM放送を聴かせてくれた懐かしい球です。何時かこれでオルソンアンプを製作しようと夢見ていました。 最近試した設定を参考に調整を完了して気分良く聴いていたら、またまた12GP7と同様のジーって音が...。42お前もか、と思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ICアンプ(TDA2030)の製作

実験の延長線としてICアンプを製作しました。アンプ用ICだけを使うので全体構成は極めて簡単で調整箇所はありません。ICなのでユニバーサルという程の意味はありませんが、アンプ用ICを簡単に取り換えて実験・試聴ができるように、電源はL/R共通で、電源/信号入力/SPそれぞれとICとの接続に中継コネクタを使いました。ICはお店に並んでる中から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ICアンプ(STK078)の改修

かなり昔に作ったアンプ(サンヨーのSTK078を使用)、スピーカーの特性試験で使いましたが発振気味なのか何かシャリシャリした感じで、真空管アンプの実機が完成してからは隅の方へ片付けておきました。 先日小型のICアンプの実験をして、ICアンプも作ってみようかなと思いましたが、それならまず昔のアンプをちゃんと鳴らせるようにしようかと引っ張…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニバーサルシングルアンプ(2nd. 6ZP1)

早々に選手交代となりました。 12GP7のアンプ、長時間使っているとジーっという音が出てきます。サイン波形をみると、発振してるというよりは波形に棘が生えたような感じです。調整中にも出ていました。電流を目一杯流すと出るので少し控えめに設定したのですが、抑えきれなかったようです。球(カソード)の劣化で流せる最大電流値が低下してるのでしょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユニバーサルシングルアンプの製作(1st. 12GP7)

気になる事が一応解消したので、ユニバーサルシングルアンプを漸く作ることができました。 B電源側CRDに電圧ガードを追加しました(注)。他はバランスVRとPL回路を追加してアンプ回路をステレオ化しただけです。PTは50Wでも足りそうですが大型球を動かす場合を考えて一回り上(70W)にしました。ヒーター用ACアダプターは球次第で種類(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more